陽向さんの場合

2020年6月9日無師独悟の道程

 

ある日、ベッドで横になりながら、スマホをいじくっていた。スマホの画面に夢中になってて、途中で自分の脚がないことに気づいた。

実際そこには脚はある。だが感覚も、そこに脚があるという風に思うこともない。それは全身がそうだった。指先から、頭から、そこには何もないのだ。それは肉体だけではなく、部屋の中のゴミ箱も、机も何もないのである。だが、そこにある。

その時、全てのものは実体というものは存在しないと分かった。まるで無のようにそこにあり全ては境目などなく、一つの生命体のような感覚なのだと分かった。

仏教を学び始めて4年、僕は初めて真理を目の当たりにした。

 


 

悟りの体験談の募集

当サイトでは「悟りの体験談」を募集しております。詳しくは下記リンク先の記事を御覧になってください。

悟りの体験談の募集

 

管理人からのお願い

この記事を面白いとか、興味深いとか、参考になったと思ったなら、下記リンクバナーをクリックしてください。今後の参考に致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悟り・真理へ

2020年6月9日無師独悟の道程

Posted by 清濁 思龍