坐禅を続けていく為に その2

2020年神社仏閣巡り

今週の動向

日本最古の神社の一つに数えられている、石上神宮(いそのかみじんぐう)に行ってきました。ここはちょっと特殊な神社で、国宝の七支刀や、退魔の刀として有名な小狐丸があったり、独特な古神道の呪術が伝わっていたりする所です。

歴史的に非常に興味深い神社なのですが、パワースポットとしても優秀です。特に三枚目の祓戸神社への道は、凄い御神気に満ちていました。ってか、この道の先で祀られているのは、本当に祓戸四神なのでしょうか。ちょっと他の祓戸神社と雰囲気が違い過ぎると思うのですが・・・。

あと、授与品の手拭いのデザインが秀逸でした。今後はこれを日用使いにするつもりです。

https://ideadragon.tumblr.com/post/622141701755224064/%E5%A5%88%E8%89%AF%E7%9F%B3%E4%B8%8A%E7%A5%9E%E5%AE%AE%E3%81%84%E3%81%9D%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%81%BF%E3%81%98%E3%82%93%E3%81%90%E3%81%86-%E4%B8%80%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E6%AD%A3%E9%9D%A2%E5%8F%82%E9%81%93%E3%81%AE%E9%B3%A5%E5%B1%85-%E4%BA%8C%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E9%B6%8F%E5%B0%8F%E5%B1%8B%E3%81%A8%E8%8B%94

 

 

昭和の漫画に「孔雀王」という作品がありまして、初期の敵キャラに古神道を使う「黄泉御前」が登場します。黄泉御前は「玉振り」という術の使い手で、その術を使う時に「布留部 由良由良止 布留部・・・」と呪文を唱えるのが印象的でした。

因みに、この呪文は「布瑠の言(ふるのこと)」と言う、古代から石上神宮に伝わる鎮魂法です。

鎮魂法は十種神宝(とくさのかんだから)と深く関係していますが、石上神宮に十種神宝は現存していません。大阪の楯原神社に十種神宝の現物があるという話なので、近いうちに参拝してみようと思っています。

布瑠の言(ふるのこと)とは、「ひふみ祓詞」・「ひふみ神言」ともいい、死者蘇生の言霊といわれる。

『先代旧事本紀』の記述によれば、「一二三四五六七八九十、布留部 由良由良止 布留部(ひと ふた み よ いつ む なな や ここの たり、ふるべ ゆらゆらと ふるべ)」と唱える「ひふみの祓詞」や十種神宝の名前を唱えながらこれらの品々を振り動かせば、死人さえ生き返るほどの呪力を発揮するという。

  • 「ふるべ」は瑞宝を振り動かすこと。
  • 「ゆらゆら」は玉の鳴り響く音を表す。

饒速日命の子の宇摩志麻治命が十種神宝を使って神武天皇と皇后の心身安鎮を行ったのが、宮中における鎮魂祭の起源であると『先代旧事本紀』には記載されている。

Wikipediaより

 

 

手拭いのデザインになっている七支刀ですが、管理人は以前、東京国立博物館の特別展「出雲と大和」に行って現物を見てきました。錆びだらけでボロボロの剣でしたが、それが発している「氣」のパワーは尋常ではありませんでした。

楯原神社の十種神宝が本物ならば、それなりの「氣」を発している筈です。神宝の「氣」を感得する事が出来れば、私に出来る事も増えるので、参拝しに行くのが今から楽しみです。何が出来るようになるのかは、noteの有料記事に書いてありますので、よろしければご購入ください。

 

 

神道でも、仏道でも、気功でも、ひとたび歩み始めたら、納得の行く「何か」を掴むまでは、途中で放り投げてはいけません。尤も、何が何でも毎日続ける必要はありませんし、休みたかったらいくらでも休んで良いのですけどね。

何らかの修行を継続して行うには、モチベーションをアップさせる手段を持つと良いでしょう。例えば坐禅の場合、禅宗の本山や坐禅道場に行ったり、その場の雰囲気を思い出したりする事で、何となく「また坐禅を頑張ってみよう」と思えるようになります。

前記事「その1」では、そういった場所を紹介しています。

坐禅のモチベーションをアップさせるには その1

 

 

坐禅のモチベーションを上げる方法は、他にもいくつかあります。私が実際に試してみて効果があると確信したのは、1/fゆらぎ音を含む瞑想音楽や、ヒーリングミュージックの類です。YOUTUBEには「1/fゆらぎ」関連の動画が多数ありますので、片っ端から試していきましょう。

坐禅修行を始めたばかりの頃は、頭の中が雑念ばかりで坐禅に集中できないと思います。その場合、音楽をかけながら坐禅をするのもアリです。お気に入りの瞑想音楽をかけただけで、条件反射的に坐禅をしたくなればしめたものです。

因みに、私のお勧めの動画は下記リンク先の動画になります。私自身も冥想音楽の動画を作成している最中ですが、まだ納得の行く出来にはなっていません。もう少々お待ちください。

 

 

 

 

市販されている音楽CDなら、ヘミシンクを試してみるのも良いでしょう。ヘミシンクは、ヘッドホンなどを用いて左右の耳に微妙にズレた周波数音を聴かせる事で脳波と共振させる、バイノーラルビートという技術の先駆けです。

バイノーラルビートは直接脳に影響を与える技術なので、忌避感を持ち危険性を訴える根強いアンチが存在します。ただ、私個人がヘミシンクを聴くようになって5年ほど経ちますが、特に副作用があったとは思えません。

坐禅を始めたばかりの頃は、雑念ばかりが生じてどうしようもなかったのですけど、試しにヘミシンクの「コンセントレーション」を流しつつ坐ってみると、かなり雑念が抑えられる事を実感しております。


【クーポン対象】 ヘミシンクCD Concentration (コンセントレーション) 【正規品】  ※ 音楽療法CD Hemi-Sync モンロープロダクツ
 

 

坐禅に限らず何かを継続して行うコツは、あまり「頑張って続けよう」と構えない事です。如何に修行を日常の中に取り込むかが大切で、気付いたら行住坐臥〇〇になっていたという形に持っていくのが理想だと思っています。

 

 

更新情報

下記リンク先の記事をリライトしました。各種の修行を続けるには、十分な時間とお金が必要不可欠です。

脱・社畜は、真の休息から始まる

 

管理人からのお願い

この記事を面白いとか、興味深いとか、参考になったと思ったなら、下記リンクバナーをクリックしてください。今後の参考に致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悟り・真理へ

2020年神社仏閣巡り

Posted by 清濁 思龍