伏見稲荷大社と、西洋レイキの初伝

2020年7月23日2020年神社仏閣巡り, レイキ(霊気)

今週の動向

京都・伏見稲荷大社に参拝しました。ただ鳥居が立ち並んでいるだけの所だと思っていましたが、実際に稲荷山に登ってみると、思いっきり修行の山だという事が分かりました。正直、稲荷山を舐めてましたよ・・・。

稲荷山は標高233mの低山であり、参道も完全に整備されているので、サンダル履きでも山頂まで行けます。しかし、稲荷山の全てを見て回ろうとか、至る所にある神社すべてに参拝しようとすれば、確実に一日仕事になります。

パワースポットとして稲荷山を見るなら、鳥居よりも四枚目と五枚目の所が凄かったです。参拝客が寄り付かない所が結構あるので、コッソリ立禅をするには良い所だと思いました。参拝後に食べたニシン蕎麦と稲荷寿司も美味だったので、また参拝しに行きたいです。

https://ideadragon.tumblr.com/post/623957140951957504/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E4%BC%8F%E8%A6%8B%E7%A8%B2%E8%8D%B7%E7%A8%B2%E8%8D%B7%E5%B1%B1%E5%8F%82%E6%8B%9D-%E4%B8%80%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E5%BE%A1%E6%9C%AC%E6%AE%BF-%E8%A3%8F-%E4%BA%8C%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E3%82%B9%E3%83%94%E9%A2%A8%E3%81%AE%E5%85%89-%E4%B8%89%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E4%BC%8F%E8%A6%8B%E7%A8%B2%E8%8D%B7%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%84%E9%B3%A5%E5%B1%85

 

 

レイキはじめました

いきなりですが、管理人は数奇な御縁によって、レイキ・ヒーリングの初伝(ファースト・ディグリー)を受ける事になりました。以前からレイキの名前くらいは知っていましたが、まさか自分がレイキ・ヒーラーになるとは思いもしませんでした。人生は何があるか分かりませんねー。

伝授していただいたのは、所謂(いわゆる)西洋レイキと呼ばれているもので、大正時代に臼井甕男(うすいみかお)氏が創始した「臼井靈氣療法」が海外に渡って、のちに逆輸入された体系の一つです。

初伝の内容をざっと説明すると、エネルギー伝授とアチューンメント(波長合わせ)によって霊的な回路を開き、宇宙に遍在するエネルギーを活用できるようにする訳です。このようにスピ風味でレイキを語ると怪しさ満点な話になりますが、中医学的に経絡やツボなどの用語で説明する事も出来ます。

 

日々の仕事や勉強で心身共に疲れ果てている一般人は、生きる事に精いっぱいで、悟りへの道を歩むだけの余力が残っていません。その余力を蓄えるには、早期リタイアによる隠遁か、気功や坐禅などの自己鍛錬を行うくらいしかありません。

しかし、隠遁は条件が厳しいですし、自己鍛錬は出来る人と出来ない人に分かれます。食事の内容を見直したり、ヒモトレなどの健康法を実践するのも一つの手段ですが、そう簡単には自分に合った方法は見つかりません。

況してや、メンタルに問題を抱えてしまった人の場合は、食事の改善や健康法すら続けられなくなるものです。自分の足で立てなくなった人を切り捨てるのは簡単ですが、それを言い始めたら世の中の殆どの人が求道における落伍者になってしまいます。

 

このような事を考えていた時に、あるレイキ・ヒーラーさんと出会いました。このヒーラーさんは「レイキのエネルギー感覚(ヒビキというようです)が分からない自分はヒーラー失格だ」と仰られていましたが、お試しでレイキをしてもらった所、ちゃんと手のひらから「氣」が出ていました。

中華気功のやり方だと、「氣」の感覚が分からない人はヒーリング(外気照射)など出来ませんし、レイキのように「他人に伝授する方法」もありません。私はこの2つの点に興味を持ち、是非ともレイキを身に付けてみたいと思いました。

初伝の伝授は、約一時間ほどで終わりました。簡単な座学を行った後、ただ椅子に座ってアチューンメントを受けるだけです。たったこれだけの事でレイキを使えるようになるのですから、伝授して貰わないと損ですよ。

 

ヒーラーさん曰く、レイキ・エネルギーの出所は「全ての存在の根源」であるとの事ですが、それについては難しく考える必要は無いそうです。エネルギー伝授とアチューンメントを受けた時点でそれと繋がるので、後は「全ての存在の根源」をイメージするか、軽く意識するだけで良いのだとか。

「全ての存在の根源」についてのイメージや、意識のかけ方については個性が出るようですが、それでも全然構わないと教わりました。最初は私も漠然と宇宙をイメージしましたが、その時に宇宙と自分が繋がっている感覚があったので、試しにそれを辿ってみました。

辿った先にあったのは、説明された通り「宇宙意識の根源」であり、クンダリニー・ヨーガで言う「中心太陽」としか例えようの無いものでした。伝授によって開いた繋がり(回路)を辿れば、それにアクセスするのは非常に簡単なので、そこれそ誰でも出来ると思います。

 

これまでも自力で「根源的な何か」にアクセスしようと試みた事はありますが、頭頂部に蓋のような反発感が生じてしまって、上手く行きませんでした。それがレイキの伝授を受けた途端、出来るようになったのは凄いとしか言いようがありません。

中心太陽との繋がりを感じる事と、中心太陽に突入するのは次元が異なる話ですが、レイキ伝授がクンダリニー・ヨーガ的な悟りのトリガーになる可能性はあると思います。実際、レイキ創始者の臼井氏は安心立命(あんじんりゅうみょう)や「宇宙即我 我即宇宙」という悟りの言葉を残していますし。

レイキ・ヒーラーは簡単に量産できるので、全体的な質はあまり良くないと聞いています。しかし、伝授の内容は誰がやっても同じのような気がしますし、だとするなら伝授を行うレイキ・マスターの手腕よりも、自分自身の内面的な資質の方が問題になるのではないでしょうか。

 

まあ、難しい事はさておいて、伝授そのものはとても楽しかったです。私は既に「氣」を感得しているので、アチューンメントの最中に頭頂部がビリビリ痺れたり、体内を熱い「氣」が流れたり、頭頂から何かを引っこ抜かれるような感覚もありました。

ただ、レイキのやり方で「氣」を感得するのは難しいと思うので、先に中国式の擦掌(さっしょう)を試してみると良いかも知れません。擦掌については動画を作成していますので、そちらを御覧ください。

気になるレイキのヒーリング効果についてですが、これを始めてからわずか数日で、原因不明だった左目の痛みが良くなりました。また、イメージ力や集中力も必要ないので、発達障碍の人でも問題なく出来る筈です。

 

まだ問題点を洗い出せるほどレイキについて詳しくないのですが、これから思いつく限りの事を試していきたいと思っています。とりあえず普段通り、坐禅・立禅をしながらレイキをして、様子を見ていくつもりです。

 

 

※修道記内の関連記事を検索する場合は、タグクラウドをご活用ください。

 

 

更新情報

noteにレイキ関連の無料記事を書きました。面白いもので、長い時間をかけて話していくのが前提のサイト記事と、一発勝負のnote記事では、記事の書き方が違ってくるんですねー。

 

2020年7月23日2020年神社仏閣巡り, レイキ(霊気)

Posted by 清濁 思龍