自我の確立と風飡水宿(ふうさんすいしゅく)

2020年12月31日2020年風飡水宿(キャンプ)

今週の動向

キャンプ仲間の茶柱さんと、某県の野外活動センターでデイキャンプを行いました。いつもは私が茶柱さんをキャンプに誘うのですが、今回は私が茶柱さんに誘われました。前回の和歌山でのテント泊がしんどそうだったので心配していたのですが、むしろあれでキャンプ心に火が付いたようです。

テント泊とは違って、デイキャンプでする事と言えば焚火と料理くらいです。茶柱さんは両方の経験を比較する事でデイキャンプの手軽さと気楽さを理解したらしく、しきりに「楽だ」「楽しい」と言っていました。

火を熾す事にも慣れたようで、100均で購入したメタルマッチのファイアスターターを使って、一発で着火に成功していました。今回、私も同じものを使って火を熾そうとしたのですが、何か知らんが上手く行きませんでしたよ・・・。

 

 

キャンプの際、私は基本的にLOGOS社の丸型飯盒とツーリング・クッカーを使いますが、作る料理の内容によってはトランギア社のメスティンを使います。メスティンは軽量小型で持ち運びが良いのですが、ちょっと力をかけただけですぐに変形するという欠点があります。

使い終わって洗う時に、力を入れた所が曲がってしまって蓋が閉まらなくなったりするので、買ったは良いけどあまり積極的に使っていこうとは思えなかったんですよね。でも、少ない荷物でキャンプをするならこれ以上のギアは無いので、もっと活用できるようになりたいです。

デイキャンプの良い所は手軽さです。テント泊は楽しいものですが、慣れない寝床と、設営と撤収の手間があるので、慣れないうちは疲れます。なので、まずは「おうちキャンプ(以下、家キャン)」で基礎を身に付け、デイキャンプで経験を積み、最後にテント泊をしてみると良いでしょう。

 

とりあえず、日常生活でキャンプ用ギアを使う所から始まって、ベランダでキャンプをする「ベランピング」までを家キャンの定義としますが、ベランダで焚火は出来ないので、ガスバーナーかアルコールストーブを使う事になります。

ガスバーナーは色んな場面で使うので習熟しておいて損はありませんが、アルコールストーブは軽量ではあるものの実用性に乏しく趣味の要素が強いギアです。私もアルストを一つ持っていますが、飽くまでも好きだから使っているという感じです。(アルストはロマン)

ガスバーナーは、スーパーやコンビニでもボンベを売っているイワタニ社のジュニアコンパクトバーナーがお勧めです。災害時の支援物資の中では、イワタニ社のボンベが最も手に入れやすかったという話があります。趣味のベランピングが防災訓練になるのも良い所です。

 

 

クッカーについては、個人的には丸型飯盒をお勧めしたいのですが、今は100均でメスティンのコピーを販売しているので、試しにそれを購入して使ってみると良いでしょう。マメ知識ですが、本来メスティンと呼称する事が出来るのは、トランギア社の製品だけです。

 

メスティンとガスバーナーがあれば、炊飯が可能になります。炊飯の際、メスティンはとても熱くなるので、軍手があると便利です。軍手はホームセンターやワークマン等で、熱に強い純綿の製品を購入すると良いでしょう。家庭用の鍋掴みは、メスティンを掴むのには向きません。

 

 

キャンプの雰囲気を出したいなら、キャンプ用の調理ナイフが欲しくなります。家庭用の包丁を使うと雰囲気が台無しになるので、定番中の定番である折り畳み可能なオピネル・ナイフを購入しましょう。材質はステンレス、サイズは男性が#8、女性は#7が良いと思います。


 

 

ナイフを購入したら、まな板も購入しましょう。ケヴンハウン社のカッティングボードは縁があるので、そのまま皿として使う事も出来るスグレモノです。メスティンとの相性もバッチリですし、これに焼いた肉の塊を乗せると、物凄く雰囲気が出ます。

 

 

家キャン、ベランピングなら、上記のギアを揃えれば十分楽しめます。今まで料理をした事が無い人も、これを機に料理が出来るようになってみましょう。食を得る事は、命を得る事です。料理は自信や自己肯定感を獲得し、自立を助けるトレーニングに成り得ます。

最初はインスタントラーメンでも構わないので、まずはメスティンでマルタイの棒ラーメンを作ってみましょう。ただ、お湯に麺を投入した時、ちょっとだけ麺がメスティンから食み出るので、茹でムラが出ないように箸でほぐしてあげてください。

https://ideadragon.tumblr.com/post/638439774431133696/%E6%99%AE%E6%AE%B5%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%8B%E4%BD%BF%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%AA%E3%81%9B%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%97%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E7%99%BA%E6%83%B3%E3%82%82%E7%94%9F%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84

 

 

キャンプでの炊飯は、無洗米がベストの選択です。米を研ぐ必要が無く研ぎ汁が出ないので、環境保全にも繋がります。メスティンの蓋が擦切り一杯で一合なので、米なら一杯、水の量は二杯分になります。(100均メスティンの話ではありません)

火加減は「始めチョロチョロ、中パッパ」と言いますが、最初に火力を前回にして、沸騰したら弱火にするという方法でもOKです。炊けたか否かは湯気の匂いで判断するのですが、こればかりは経験で判断するしかありません。生煮えならまた弱火にかけましょう。

御飯が炊けたら、火から降ろして15~20分ほど放置します。この「蒸らし」の時間は非常に大事で、多少生煮えでも蒸らしの時間をしっかりとれば、割と食べられるようになります。後は卵かけ御飯にするなり、レトルトカレーをかけるなり、ふりかけを掛けるなりして美味しくいただきましょう。

 

大抵の缶詰はガスバーナーの直火にかける事が出来ます。定番は鯨の大和煮ですね。ただ、蓋を開けておかないと破裂する恐れがあるので気を付けてください。因みに、私はトマト缶にミックスビーンズとチリペッパー混ぜて、即席のチリコンカンを作ったりします。

家キャンに慣れたら、焚火OKな場所に行ってみましょう。グーグルマップで「BBQ」「デイキャンプ」「河原」等と入力してみてください。最寄りのバーベキュー広場やバーベキューガーデンが表示されます。場所によっては、電話で予約をしなければならない所もあるので気を付けてください。

BBQ場やデイキャンプ場で焚火をするなら、薪を割る為の鉈(なた)や、火箸(炭ばさみ)、焼き網、焼き串、鉄板またはフライパンなどが必要になってきます。それらのギアはホームセンターや100均で購入する事が出来るので、じっくりゆっくり時間をかけて、お気に入りのギアを探し出していきましょう。

 

どのギアを購入するべきか分からない場合は、とりあえず定番の人気ギアを購入しておくのも一つの手です。薪割りなら海老鉈(えびなた)がベストの選択です。この独特の形状は、薪割りの際に勢い余って硬い地面を叩いてしまい、刃こぼれするのを防止する為のものです。

 

 

海老鉈は太い薪を割るのに適していますが、細い薪を更に細くする為のバトニングや、焚きつけに使うフェザースティックを作るには向きません。そのようなブッシュクラフトの作業には、スウェーデン製のモーラ・ナイフが最適です。

ブッシュクラフト用のナイフを購入するなら、柄の部分まで刃の鋼材が伸びている「フルタング」を選びましょう。頑丈さが違います。

 

 

殆どのBBQ会場やデイキャンプ場には竈(かまど)とゴトクが設置されていますが、小型の焚火台を持って行くと重宝します。何故なら、燃焼効率が桁違いに良いからです。お勧めは、私も愛用しているZEN CAMPSのチタン製ウッドストーブです。

 

 

焚火をする時に化繊の服を着ていると、爆ぜて飛んだ火の粉で穴が空いたりするので、綿100%のジャケットを着ると良いです。下の写真の服はワークマンで販売しているものですが、人気商品なので店にサイズの合うものが無いかも知れません。その場合は公式サイトで購入しましょう。

https://ideadragon.tumblr.com/post/638619531012653056/%E6%84%9B%E7%94%A8%E3%81%AE%E7%84%9A%E7%81%AB%E7%94%A8%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%BCplus%E7%B6%BF%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%E3%81%A7%E7%87%83%E3%81%88%E3%81%AB%E3%81%8F%E3%81%84%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%AF%E4%BE%AE%E3%82%8C%E3%82%93


 

 

火箸(炭鋏)は100均の製品で十分なのですが、見た目が良く無いので、余裕があるなら良い物を揃えましょう。因みに、私はアルペン系列イグニオ製の炭鋏とスキュアー(焼き串)を愛用しています。

デイキャンプに必須のギアはそれほど多くありませんが、テント泊となると更に必要なギアが増えます。テント、シュラフ、マット、焚火台、ランタン、ヘッドライトなど、紹介し始めたらキリが無いほどです。

キャンプに詳しくなってくると、それらのギアを店舗で見て回ったり、実際に手に取ってみるのも楽しみの一つになるのですが、初めの内は各アウトドア・ブランドのオンラインストアを活用した方が良いと思います。

 

個人的にはLOGOS社の製品が好きなのですが、定番のColemanや、パール金属系列のキャプテンスタッグも侮れませんし、ちょっと高いけど優良な製品が多いmont-bellや、ハイエンドなsnowpeak、燕三条のEVANEW個性的なCHAMSなどのサイトを見ているだけでも楽しいです。

ただ、各ブランドの数多くの商品を見て回ると疲れてしまうので、スポーツ・アウトドア専門店のスポーツオーソリティWILD-1ヒマラヤスポーツ好日山荘などでチョイスされた製品を見ていくのも一つの手です。

専門店の中では、スポーツデポ・アルペン系列イグニオの製品が出色で、デザインが良い上に、機能性も高く、しかも安いのでお勧めです。因みに、公式オンラインストアで入会会員登録をすると、2000円のOFFクーポンがもらえます。2021年2月1日までなので、登録するならお早めに。



 

 

 

ある程度ギアを揃えたら、家の中で着火の練習をしてみましょう。最初はライターではなく、マッチ棒を使ってみましょう。何故なら、マッチ棒は木材で出来ていて、燃え方が薪と似ている所があるからです。

 

 

力強く自己を生きる為に

キャンプを娯楽の一つと考える人は多いのですが、その本質は野外でのサバイバルであり、自然の中で衣食住を確保し快適に過ごす為の手段です。故に、厳しい環境であればあるほど、キャンプを成功させて無事に帰宅した時の喜びは大きくなります。

達成感と成功体験は、人間が精神的に成長する為に必要な栄養素です。普段から挑戦的な生き方をしている自信満々な超人間なら話は別ですが、一般人は何処かでその必須栄養素を摂取しなければなりません。

茶柱さんも以前から達成感と成功体験に飢えていたのですが、何をどうやっても上手く行かなくて挫折の連続になってしまったそうです。挫折の主な原因は人間関係であり、他人との接し方が分からないのは、発達障害と毒親持ちの所為で自尊心と自己肯定感が低いからです。

 

茶柱さんの鬱病は二次障害なので、恐らく「自分なりの生き方」を確立すれば寛解する筈です。ただ、鬱病の症状は軽くないので、今は一人では生きていけないし、自力で人生を切り拓くだけの逞しさもありません。

本来なら実家に戻って療養すべき状況ですが、家族は頼りにならないどころか余計な真似しかしないので、無理をしてでも独り暮らしを続ける方がまだマシです。

この窮状から抜け出したくて努力してきたのに散々他人に足を引っ張られ、その挙句に偽覚者に騙されて全財産を巻き上げられてしまった茶柱さんは、対人関係への不安と、トラブルを乗り越えられない自分への不信感と無力感に悩まされています。

 

可哀想と言えば可哀想ですし、一つ間違えば自殺か生活保護から抜け出せなくなる未来が待っています。しかし、私は茶柱さんの親ではありませんし、福祉の人間でも無いので、一緒にキャンプに行ったり自立を助ける為の助言くらいしか出来ないし、それ以上の事をする気もありません。

今の茶柱さんに必要なのは、挑戦と挫折に耐えられる精神力です。その精神力を身に付ける為に、地道な努力と小さな成功体験を積み重ねる必要があります。やれば出来る、実際にやったら出来た、だから次もきっと乗り越えられると考えるのが自信というものです。

誰にも支えてもらえず、何も知らず分からない状態で失敗し続けていれば、いつまでも自信が無く成長も出来ないままです。この泥沼から這い上がるには、心の痛みや、自分の弱さや愚かさを受け入れるだけの「強さ」を手に入れなければなりません。

 

「弱い人」は、ここで宗教やオカルトに手を出します。世の中に知られていないマジカルなパワーで、一気に苦しい現状をひっくり返そうとするのです。アンチ・スピリチュアル派の人達が言うように、自信が無く、努力の積み重ねが無い人ほど「魔法」に心惹かれてしまうようです。

そして弱い人は、己の身に不思議な事が起きるという事は、選ばれた特別な人間である事の証左だと受け止めます。視野の狭さと歪んだ自己愛に基づく幼児性は、立ち直れるかどうかのギリギリの瀬戸際で踏ん張る事より、他人から差し伸べられる優しい手を期待します。

出来もしないのに自分の足で立つ事にこだわったり、折角差し伸べられた手を跳ね除ける事を「強さ」とはいいません。本物の強さとは、自分自身の感情に振り回されない事です。喜怒哀楽に判断を狂わされず、それはそれとしてキチンと受け止めて行動出来る人こそ、本物の強者と呼ぶに相応しい。

 

人を強くするのは、目的意識です。己が目指すべき高みや境地から決して目を離さず、ブレずに邁進し続けるだけの動機や理由を獲得する事で、人は強くなっていくのです。人生は目的(夢)を果たす為の手段であり、強者は「明日」の為に今日を生きるのです。

「そんな生き方をしていたら疲れてしまう」とか「それで挫折したら何もかも失うじゃないか」と思う人も居るでしょうけど、疲れたら休めば良いし、挫折したらやり方を変えて、また立ち上がれば良いだけです。予防線を張るのは大切ですが、必要以上に守りに入ると前に進めなくなります。

因みに、強者には「逃げる」という発想がありません。彼らには全力で立ち向かうか、思い残す事なく見事に死ぬかの二つしか選択肢が無いのです。そして「自分らしく生きる」事は人生最大の目標であり、その上に来るものはありません。逆を言うと、自己喪失より恐ろしい事は無いのです。

 

もし自分が無いとか、自分を見失っていると思うなら、何よりも自分を取り戻す事を優先しなければなりません。自己喪失は他人の支配下にある状態で起きる事なので、そこから立ち直るには、あなたの心を支配している者から距離を取る事から始めなければなりません。

日常を誰かに支配されているなら、自分の他に誰も居ない自然の中という非日常で体勢を立て直すべきです。自然の中では他人の顔色を窺う必要など無いですし、現代文明から離れて自分一人で衣食住を賄うという達成感と成功体験を積む事が出来ます。

禅宗の五観の偈に「為成道故 今受此食(成道の為の故に、今、この食を受く)」という文があるように、我々が食(じき)を受くのは楽しみの為では無く、目的を果たす為です。本来の自己に立ち返るという目的の為にキャンプをするなら、それは立派な風飡水宿(ふうさんすいしゅく)の行法になるのです。

 

 

更新情報

ブログの開設と、収益を得る方法 をリライトしました。年内の更新はこれで終了です。来年は1月4日に記事を更新しますので、今後とも宜しくお願いします。みなさん、よいお年を。

ブログの開設と、収益を得る方法

 

2020年12月31日2020年風飡水宿(キャンプ)

Posted by 清濁 思龍