シン・エヴァに見る、自己成長の鍵

2021年大日房能忍, 心の純化

今週の動向

3月19日に奈良県にて、ホームセンター・コーナン系列のキャンプデポ橿原香久山店が開店しました。去年の9月4日に大阪の一号店、その約半年に奈良の二号店というハイペースで開店しているので、今後も国内の至る所でキャンプデポの店舗が開店するものと思われます。

オープンセールにはキャンプ仲間の茶柱さんと一緒に行きました。管理人は以前から欲しかったトランギアのケトルとメスティン用のメッシュトレイを購入し、茶柱さんは流行りのホットサンドメーカーを購入しました。

茶柱さんは薬を変えてから明らかに鬱病の症状が軽くなってきているので、そのうち遠くにあるキャンプ場に行ってみようか~みたいな話をしています。でも、伊勢菊理は絶対に許さん。

https://ideadragon.tumblr.com/post/646138388749189120/%E4%B8%80%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%87%E3%83%9D%E6%A9%BF%E5%8E%9F%E9%A6%99%E4%B9%85%E5%B1%B1%E5%BA%97%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%8F%A3%E3%81%AF%E3%83%91%E3%83%81%E3%82%B9%E3%83%AD%E5%BA%97%E3%81%AE%E5%90%91%E3%81%8B%E3%81%84%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%8B-%E4%BA%8C%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E9%A7%90%E8%BB%8A%E5%A0%B4%E3%81%AF%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%82%8A%E5%BA%83%E3%81%84

 

 

京都府宇治市の黄檗宗・萬福寺(おうばくしゅう・まんぷくじ)にて、ライトアップのイベントがあったので行ってきました。管理人は萬福寺が大好きなので、このイベントをとても楽しみにしていました。

黄檗宗は中国臨済宗の正統法嗣である隠元隆琦禅師が開祖の禅宗で、萬福寺はその総本山です。私は一休禅師の遺徳により、臨済宗大徳寺派・松源系純粋禅に先祖返りしましたが、他の宗派や法脈にも深い関心を持っています。

私は禅宗の法統を受けていない独覚禅者なので様式や形式には拘らないし、顔出しもしていないので割と好き勝手に活動させてもらっています。平安~鎌倉期の大日房能忍は、嗣法の無い独覚禅者ゆえに誹謗中傷に悩まされたと聞きますが、彼がネットの時代に生きていたらどうなったのでしょう。

https://ideadragon.tumblr.com/post/646140035950936064/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E8%90%AC%E7%A6%8F%E5%AF%BA%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E4%B8%80%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E6%99%AE%E6%AE%B5%E3%81%A8%E8%89%B2%E3%81%8C%E9%81%95%E3%81%86%E7%B7%8F%E9%96%80-%E4%BA%8C%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E3%81%9F%E3%81%A0%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%AC%E8%89%B2%E5%90%88%E3%81%84%E3%81%AE%E4%B8%89%E9%96%80

 

 

少々出遅れましたが、2021年3月8日に公開された「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」を見て来ました。全体的な印象としては、庵野監督がエヴァンゲリオンという作品を終わらせる為に作成した映画であり、監督自身の現在の立ち位置を示す為の作品という感じでした。

個人的に好きな所は、ケンスケの軍オタスキルがしっかり役に立っていたという所と、ゲンドウの「まるでダメなおっさん」ぶりをしっかり描写していた所ですね。それまでのTV版、旧劇、漫画版のゲンドウというキャラクターには違和感しか無かったので、これでスッキリしました。

Qまでのエヴァは、ファンをブン殴り、蹴り飛ばして型に嵌めるかのような作風でしたが、シン・エヴァは優しさと希望に溢れたエンタメ重視の物語になっていました。庵野監督自身の成長が作品に投影されてこうなったのだとしたら、それはとても良い事だと思います。

https://ideadragon.tumblr.com/post/646137322864279552/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3%E5%8A%87%E5%A0%B4%E7%89%88

 

 

 

※ここから先はシン・エヴァのネタバレが含まれるので、映画館で見る予定の人は注意してください。

 

 

大人になるということ

シン・エヴァでは、父親のゲンドウと息子のシンジが対決します。重要な点は力と力のぶつかり合いではなく、対話によってそれが成されるという所です。Qまでのゲンドウは対話に応じるタイプには見えませんでしたが、シンではゲンドウ自らが対話の提案をして、長々と自分語りを始めます。

ゲンドウは両親の愛を知らないので、他人とどう関われば良いのかが分かりません。妻のユイは性愛を教えてくれたが、もう居ない。息子のシンジとの接し方も分からない以上、傷つけるくらいなら距離を取った方が良い。そんなゲンドウの願いは「ユイの側で永遠に眠らせて」の一つだけ。

しかし、最後にゲンドウは己の弱さを受け入れ、息子のシンジに妻ユイとの絆を見る事で己の過ちを悟り、これまで距離を取ってきた息子に謝罪の言葉を発します。シンジはゲンドウを父親ではなく、一人の男として理解して別れを告げます。

 

心理学の祖であるシグムント・フロイトは、エディプス・コンプレックスが心理的成長の鍵であると説きました。エディプス・コンプレックスとは、男児が母親を性的に獲得しようとする近親相姦的な願望であり、その為に父親を敵と見做す心理の事を言います。

(女児の場合はエレクトラ・コンプレックスと言う)

正常な親子関係ならば、両親からは心理的に離れて、社会の中で別の異性を得ようと考えるようになります。しかし、親子関係が歪(いびつ)だとエディプス・コンプレックスを克服する事が出来ず、両親に対して歪んだ思いを抱えたまま社会に出る事になります。

エディプス・コンプレックスを克服するには、いわゆる「親殺し」を実現するしかありません。そして「親殺し」は力と力のぶつかり合いではなく、両親という存在を理解する事によってのみ成されます。

 

つまり、親も自分と同じ人間だと理解する事で、親を親と言う絶対的な立場から降ろす事が「親殺し」の本質であり、これを成し遂げて「子供」と言う養ってもらって当然の楽な立場を放棄するのが「大人になる」という事なのです。そして、親と言う存在を理解するには、対話をするのが一番です。

では、親が対話に応じなかったり、既に他界している場合はどうすれば良いのでしょうか?

その場合は、いわゆるTV版25・26話の「洗脳END」が参考になります。脳内の綾波レイが容赦なく「何故?」と問い詰めて徹底的に経験からくる思い込みを破壊していき、最後には自己否定的な世界観を一掃する。綾波が「自由を知る為のバイブル」と歌われているのは、その為です。

 

個人的には、エヴァンゲリオンと言う作品は25年かけて、2つの成長の形を示したと考えています。洗脳型の成長は痛々しいし本人の為にもなりませんが、人によっては悟りにまで手が届きます。他ならぬ私自身が、人間心理の観察と理解によって「洗脳END」を迎えているので、それは確かです。

大人になるという事は、力を誇示したり、見栄を張ったり、粋がる事ではありません。本物の大人に見守られ、その背中を見て育つのが人としてあるべき成長の姿です。そしてそれは、日本人の間で連綿と受け継がれて来た「意思を継ぐ」という事でもあります。

しかし、親が未熟だと、見るべき背中がありません。真っ当な大人と関わるチャンスに恵まれなかった人は、何かを壊し、奪う事で己の力を実感するようになります。この場合は、自分より凶暴な人物に憧れて、その歪んだ意思を継ぎ、最後は全てを無に還す「旧劇END」が確定します。

 

煉獄の苦しみと刺し違えて「洗脳END」を迎えられるなら話は別ですが、基本的に人間は一人では大人になれません。どれだけハイスペックに恵まれたとしても、真っ当な大人と関わるチャンスに恵まれなければ、ゲンドウのような「ヒトモドキ」にしかなれないのです。

ヒトモドキだったゲンドウが最後の最後で人間になれたのは、息子のシンジのおかげです。そしてシンジが大人になれたのは、周囲に居た真っ当な大人達のおかげです。

現実にはゲンドウレベルの毒親が改心する事などありえませんが、可能な限り親との対話を行ったり、周囲に居るであろう真っ当な大人の背中を追う事なら出来る筈です。それが結局は自分の為になり、他の誰かの為にもなるのです。

 

 

更新情報

私事ではありますが、令和2年度の確定申告を行いました。今、私が生きていられるのは、当サイトのアフィリエイトリンクを御利用し、noteの有料記事を購入してくださる読者の皆様のおかげです。

まことに、ありがとうございます。

会社員時代の私は、お金を払ってでも休みが欲しいと思っていました。当然、お金の有難味なんか全然分かりませんでしたし、稼ぐ事の楽しさも知りませんでした。会社員を続けていたら生活には困らなかったかも知れませんが、人としての成長は止まっていたでしょう。本当に隠遁して良かったです。

ブログの開設と、収益を得る方法