東海・長野の旅

2021年11月19日2021年神社仏閣巡り

今週の動向

予定通り、滋賀県、愛知県、長野県の神社仏閣に参拝してきました。今回は月曜から木曜までの四日間の旅になりました。写真はいつも通りTumblrにアップしましたが、スマフォでUPした所為か不具合が出ています。残念ながら一度に直せる量ではないので、日数をかけて少しづつ直していきます。

Tumblrの記事は頻繁に更新していますし、都道府県のタグをつけているので、検索するとかなり色々出て来ます。キャンプのタグもつけているので、よろしければ見てやってください。もしTumbleアカウントをお持ちであれば、フォローお願いします。

因みに、11月1日付けでTumblrのタイトルを変更しました。日本語だと「ザ・遥拝(ようはい)」という意味になります。水波の隔ては記事を書くのに時間がかかるので、先にこちらを完成させてしまおうと思っています。

 

 

初日

滋賀県・建部大社(たけべたいしゃ) → 滋賀県・多賀大社(たがたいしゃ) → 岐阜県・南宮大社(なんぐうたいしゃ)の順に参拝しました。この日は予報通り雨でしたが、翌日は晴れるという予報だったので、そのまま旅を続けました。

 

建部大社は琵琶湖の南側にある古社で、創建は西暦675年、御祭神は日本武尊(やまとたけるのみこと)です。琵琶湖の北東には、日本武尊が神と戦って敗れた場所とされる霊峰・伊吹山(いぶきやま)があります。次は伊吹山にも登らないといけませんね。

https://ideadragon.tumblr.com/post/666522681740525568/%E6%BB%8B%E8%B3%80%E7%9C%8C%E5%BB%BA%E9%83%A8%E5%A4%A7%E7%A4%BE-%E4%B8%80%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E4%B8%80%E4%B9%8B%E9%B3%A5%E5%B1%85%E3%81%A8%E7%A4%BE%E5%8F%B7%E6%A8%99-%E4%BA%8C%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E4%B8%80%E4%B9%8B%E9%B3%A5%E5%B1%85%E3%82%92%E8%BF%91%E3%81%8F%E3%81%8B%E3%82%89-%E4%B8%89%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E4%BA%8C%E4%B9%8B%E9%B3%A5%E5%B1%85

 

 

多賀大社は琵琶湖の東側、伊吹山の南西側、彦根城の近くにある古社です。御祭神は伊邪那岐命・伊邪那美命(いざなぎ・いざなみ)の夫婦陰陽神です。名物の糸切り餅は、金太郎飴のように長い餅を三味線の弦で切って成形するので、その名がついたようです。

https://ideadragon.tumblr.com/post/666607616295911424/%E6%BB%8B%E8%B3%80%E7%9C%8C%E5%A4%9A%E8%B3%80%E5%A4%A7%E7%A4%BE-%E4%B8%80%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E7%A4%BE%E5%8F%B7%E6%A8%99%E3%81%A8%E9%B3%A5%E5%B1%85-%E4%BA%8C%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E9%B3%A5%E5%B1%85%E3%81%A7%E6%8C%AF%E3%82%8A%E8%BF%94%E3%82%8B-%E4%B8%89%E6%9E%9A%E7%9B%AE

 

 

南宮大社は伊吹山の東南東側、関ヶ原古戦場の側にある古社です。御祭神は五行(木火土金水)の金を司る金山彦命(かなやまひこのみこと)です。聖武天皇が東大寺に盧舎那大仏(奈良の大仏)を建立する際、無事を祈願しに来るほど由緒ある古社です。

自身の「氣」の属性を確かめたいと思うなら、五行を司る神を祀る大神社・総本社に参拝するのが一番です。因みに、管理人は水属性なので、金属性は相克の関係にあります。とは言え、神社の境内は主祭神の属性一色という訳ではないので、相克だから参拝しないと考えるのは早計ですがね。

参拝後は中央道をひた走り、長野県・駒ケ根市にある早太郎温泉こまくさの湯に浸かり、諏訪SA(上り)で車中泊をしました。

https://ideadragon.tumblr.com/post/666694583573463040/%E5%B2%90%E9%98%9C%E7%9C%8C%E5%8D%97%E5%AE%AE%E5%A4%A7%E7%A4%BE%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%90%E3%81%86%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%97%E3%82%83%E5%BE%A1%E7%A5%AD%E7%A5%9E%E3%81%AF%E4%BA%94%E8%A1%8C%E6%9C%A8%E7%81%AB%E5%9C%9F%E9%87%91%E6%B0%B4%E3%81%AE%E9%87%91%E9%87%91%E5%B1%9E%E9%89%84%E3%82%92%E5%8F%B8%E3%82%8B%E9%87%91%E5%B1%B1%E5%BD%A6%E5%91%BD%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%82%84

 

 

二日目

長野県・御射山社(みさやましゃ) → 長野県・諏訪大社上社前宮(すわたいしゃ かみしゃ まえみや) → 水眼(すいが)の源流 → 守矢家内・御左口神社(もりやけ ない・みさぐち じんじゃ) → 上社本宮(かみしゃ ほんみや) → 大祝邸(おおほうり てい) → 下社春宮(しもしゃ はるみや) → 下社秋宮(しもしゃ あきみや)の順に参拝しました。

 

諏訪大社の歴史は大祝(おおほうり)の歴史であり、御左口神(ミシャグジ様)信仰の歴史です。縄文時代から続く信仰は、狩猟と深く結びついています。御射山社には初代大祝・有員(ありかず)の墓があり、その北側、霧ヶ峰高原には旧・御射山社(もと・みさやましゃ)があります。

出来れば旧・御射山社にも参拝したかったのですが、残念ながら道路が封鎖されていて行けませんでした。

https://ideadragon.tumblr.com/post/667154742490923008/%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E5%A4%A7%E7%A4%BE%E6%91%82%E7%A4%BE%E5%BE%A1%E5%B0%84%E5%B1%B1%E7%A4%BE%E3%81%BF%E3%81%95%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%97%E3%82%83%E5%89%8D%E5%AE%AE%E3%81%8B%E3%82%89%E7%B4%84%EF%BC%91%EF%BC%91%EF%BD%8B%EF%BD%8D%E9%9B%A2%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%A0%B4%E6%89%80%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%8C%E6%98%94%E3%81%AF%E7%A5%AD%E7%A5%80%E3%82%92%E8%A1%8C%E3%81%86%E7%82%BA%E3%81%AB%E3%81%93%E3%81%93

 

 

ルートの順ではありませんが、守矢資料館と大祝邸の写真を纏めてみました。諏訪氏の子孫が現人神(あらひとがみ)の大祝(おおほうり)を勤め、守矢氏の子孫が神長官(じんちょうかん)として祭祀を司り、ミシャグジ様に降臨していただく為の神事を行っていました。

https://ideadragon.tumblr.com/post/667289320187723776/%E9%95%B7%E9%87%8E%E7%9C%8C%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E5%A4%A7%E7%A4%BE%E3%81%AE%E7%A5%9E%E5%AE%98%E3%82%92%E4%BB%A3%E3%80%85%E5%8B%A4%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%9F%E5%AE%88%E7%9F%A2%E5%AE%B6%E3%82%84%E5%A4%A7%E7%A5%9D%E5%AE%B6%E3%81%AE%E5%8F%B2%E8%B7%A1-%E4%B8%80%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E5%AE%88%E7%9F%A2%E8%B3%87%E6%96%99%E9%A4%A8%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%8F%A3

 

 

前宮と本宮の境内は広いので、本気で取材すると一日中歩き通しになります。参拝後は諏訪湖畔にある「すわっこランド」で入浴し、諏訪SA(下り)で車中泊しました。標高800m以上もある諏訪湖は寒かったです。

https://ideadragon.tumblr.com/post/667341332677853184/%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E5%A4%A7%E7%A4%BE%E5%9B%9B%E7%A4%BE%E5%8F%82%E3%82%8A-%E4%B8%80%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E5%89%8D%E5%AE%AE%E3%81%AE%E9%8A%85%E9%B3%A5%E5%B1%85-%E4%BA%8C%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E5%89%8D%E5%AE%AE%E3%81%AB%E3%81%A0%E3%81%91%E6%9C%AC%E6%AE%BF%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B-%E4%B8%89%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E6%9C%AC%E5%AE%AE%E3%81%AE%E5%A4%A7%E9%B3%A5%E5%B1%85

 

 

三日目

長野県・木曽御嶽山 黒沢口 里宮(きそ おんたけさん くろさわぐち さとみや) → 若宮社(わかみや しゃ) → 王滝御嶽神社(おうたき おんたけじんじゃ) → 八海山神社(はっかいさん じんじゃ) → 田ノ原大黒天(たのはらだいこくてん) → 御嶽神社遥拝所(おんたけじんじゃ ようはいじょ) → 三笠山神社(みかさやま じんじゃ)の順に参拝しました。

 

黒沢口 里宮は御嶽登山の一合目ですが、現在の登山参詣道はあまり整備されていないので、ここから山頂を目指すのは危険です。約16km離れた所にある御岳ロープウェイを利用して、七合目まで行きましょう。因みに、駐車場は無料で車中泊も可能です。

御嶽山の起源は、西暦774年に流行した疫病を鎮める為に、山頂で大己貴命(おおなむちのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)の二神を祀った事によります。その翌年に里社が創建されたと言う説と、西暦900年代の前半に里社・奥社・若宮社の御嶽三社が創建されたという説があるようです。

黒沢口の登山道が一般開放されたのは西暦1782年で、それまでは100日間の精進潔斎を行わないと登山の許可が下りなかったのだとか。

https://ideadragon.tumblr.com/post/667512526720974848/%E6%9C%A8%E6%9B%BD%E5%BE%A1%E5%B6%BD%E5%B1%B1%E9%BB%92%E6%B2%A2%E5%8F%A3%E9%87%8C%E7%A4%BE-%E4%B8%80%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%AE%E4%B8%98%E5%85%AC%E5%9C%92%E3%81%8B%E3%82%89%E5%86%A0%E9%9B%AA%E3%81%97%E3%81%9F%E5%BE%A1%E5%B6%BD%E5%B1%B1%E3%82%92%E6%9C%9B%E3%82%80-%E4%BA%8C%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E9%87%8C%E7%A4%BE%E9%B3%A5%E5%B1%85

 

 

黒沢口と王滝口は約12km離れていて、山頂もそれぞれ二つあります。王滝口は里宮から七合目まで自動車かバイクで行く事が出来ますが、その代わり車中泊は難しく、必然的に宿をとる事になります。また、里宮には岸壁から湧きだす名水・秘水があります。

七合目には御嶽山の登山口と、御嶽三笠山の登山口があります。三笠山の山頂には超絶パワースポットの三笠山神社があるので、是非とも参拝してください。御嶽山の登拝は7月上旬~10月上旬までの間なので、今回は遥拝所までしか行けませんでした。

参拝後は、恵那峡SA(下り)で車中泊をしました。

https://ideadragon.tumblr.com/post/667631398018039808/%E6%9C%A8%E6%9B%BD%E5%BE%A1%E5%B6%BD%E5%B1%B1%E7%8E%8B%E6%BB%9D%E5%8F%A3-%E4%B8%80%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E9%87%8C%E5%AE%AE-%E4%BA%8C%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E5%90%8D%E6%B0%B4%E7%A7%98%E6%B0%B4-%E4%B8%89%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E7%99%BB%E6%8B%9D%E8%80%85%E3%81%AE%E6%B0%B4%E8%A1%8C%E5%A0%B4%E6%B8%85%E6%BB%9D

 

 

四日目

愛知県・成田山 名古屋別院 大聖寺(なりたさん なごやべついん だいしょうじ) →愛知県・瑞泉寺(ずいせんじ) → 愛知県・輝東庵(きとうあん) → 岐阜県・金神社(こがね じんじゃ) → 岐阜県・橿森神社(かしもり じんじゃ) → 岐阜県・伊奈波神社(いなば じんじゃ) → 愛知県・真清田神社(ますみだ じんじゃ)の順に参拝しました。

 

瑞泉寺は臨済宗の古刹で、かの白隠慧鶴禅師の師である道鏡慧端禅師(正受老人)の正受庵、正受老人の師である至道無難禅師の至道庵と共に天下三庵に数えられた輝東庵は、その塔頭寺院です。その近くにある犬山成田山・大聖寺は、駐車場が無料なので助かりました。

https://ideadragon.tumblr.com/post/667885715573587968/%E8%87%A8%E6%B8%88%E5%AE%97%E7%91%9E%E6%B3%89%E5%AF%BA%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%A1%94%E9%A0%AD%E5%AF%BA%E9%99%A2%E3%81%A7%E5%A4%A9%E4%B8%8B%E4%B8%89%E5%BA%B5%E3%81%A8%E5%90%8D%E9%AB%98%E3%81%84%E8%BC%9D%E6%9D%B1%E5%BA%B5

 

 

伊奈波神社(父)と金神社(母)と橿森神社(子)は岐阜三社と呼ばれていて、親子の関係にあるそうです。因みに、金神社の黄金鳥居をスマフォの待ち受けにすると、金運がUPするという話があります。

https://ideadragon.tumblr.com/post/668146634750820352/%E5%B2%90%E9%98%9C%E4%B8%89%E7%A4%BE%E3%81%A8%E5%91%BC%E3%81%B0%E3%82%8C%E3%82%8B%E4%BC%8A%E5%A5%88%E6%B3%A2%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E7%88%B6%E3%81%A8%E9%87%91%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E6%AF%8D%E3%81%A8%E6%A9%BF%E6%A3%AE%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E5%AD%90%E3%81%AF%E8%A6%AA%E5%AD%90%E3%81%AE%E9%96%A2%E4%BF%82%E3%81%AB%E4%BE%8B%E3%81%88%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E5%9B%A0%E3%81%BF%E3%81%AB%E9%87%91%E7%A5%9E

 

 

旅の最後に参拝した真清田神社は神池と霊水で有名な古社であり、創建は神武天皇33年と言われており、その歴史は約2600年にもなる古社です。また、真清田神社は愛知県の一之宮市にあるのですが、市の名前に「一之宮」とついたのは、ここが初めてなのだとか。

https://ideadragon.tumblr.com/post/668236493586890752/%E6%84%9B%E7%9F%A5%E7%9C%8C%E7%9C%9F%E6%B8%85%E7%94%B0%E7%A5%9E%E7%A4%BE-%E4%B8%80%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E7%9C%9F%E6%B8%85%E7%94%B0%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E9%B3%A5%E5%B1%85-%E4%BA%8C%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E7%9F%B3%E6%A9%8B-%E4%B8%89%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E6%A5%BC%E9%96%80-%E5%9B%9B%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E6%8B%9D%E6%AE%BF

 

 

まとめ

今回の旅では有名な寺社を25ヵ所参拝し、撮影した写真は一眼とスマフォの合計で2,176枚になりました。高速道路の料金とガソリン代の合計が約3万円、駐車場の料金と食費と入浴代も含めても大体4万円前後で収まる感じです。やはり車中泊で宿代を浮かせたのが大きいです。

私にとって神社仏閣巡りの旅は、フィールドワークであり、自己投資です。確かにお金はかかりますけど、旅に出る度に相応の事を学んでいるので、授業料と考えればむしろ安いと思っています。実際にその場所に行って、雰囲気を肌で実感する事でしか学べない事というのもありますので。

今回は御嶽山七合目にある三笠山神社で気功をした時に、御祭神から特殊な方法を伝授していただきました。流石にこういう直接の伝授は、私も数えるほどしか経験していません。

 

伝授していただいた気功法の具体的なやり方ですが、まず普通に站椿功(立禅)をします。そして両手を肘から上に向けて指を真っ直ぐに伸ばし、指先と頭部で三角形を作ります。手のひらは顔に向けて、高さは顔と同じ位置です。そして御嶽山の山頂から「氣」が流れてくる様子をイメージしてください。

 

 

そして、三笠山神社の境内に立ち、御嶽山の「氣」が足の裏から頭頂と両手の先へと抜けていく様子と、天に向かって「氣」の柱が立つ様子をイメージしながら立禅をしてください。上手く行けば三笠山大神こと三笠山刀利天宮が手取り足取り、正しい姿勢をレクチャーしてくれます。

イメージが上手く出来ない場合は、直接現地に行ってみましょう。

 

 

2021年11月19日2021年神社仏閣巡り

Posted by 清濁 思龍