Step3 食育編

2022年3月22日毒親の呪縛を解く方法

食事から生活を整える

毒親の中には、子供が手元から離れていかないように自活に必要な事を一切教えなかったり、自分自身に生活力が無いから子供に何も教えられないというような、人間失格レベルのとんでもない輩が居ます。

この手の毒親に育てられた子供は、生活力がゼロの状態で社会に放り出されるので、生活環境の整え方が全く分からなかったり、食事に対する考え方が壊滅的だったりします。

社会人になっても3食全てが外食やコンビニ弁当やスーパーの総菜だったり、キチンとした食事を摂らずに菓子パンやカップ麺やお菓子類で食欲を満たしている人は要注意です。

 

斯(か)く言う私自身も、実家を出て就職したばかりの頃は料理の仕方が全く分からず、3食全てを外食で賄い、休日は買い込んだコンビニ弁当とお菓子類を食べて過ごしていました。

また、当時はゴミの捨て方も分からなかったので、部屋の中は弁当のカラ箱と、お菓子の袋と、ペットボトルで埋め尽くされていました。誇張抜きで人が住める環境ではありませんでしたが、その頃の私は「ゴミがある方が落ち着く」という異常な心理状態になっていたのです。

何故、ゴミがある方が落ち着くのかと言いますと、ゴミを放り投げても叱られない、片付けをしなくても叱られないという謎の安心感と、無作法だろうが何だろうが構わないという束の間の自由を味わう事が出来たからです。

 

その後、他人と対等の立場で意見をぶつけ合う事を覚えると、ゴミ屋敷から自由と安心を得る必要は無くなりました。今では物の少ない部屋の方が好きですし、部屋の掃除も楽しむ事が出来るようになりました。その末に辿り着いたのが禅的ミニマリズムというスタイルです。

生活の乱れは心の乱れであり、生活力は食生活に現れます。食生活が乱れると栄養バランスも乱れるので、精神面も乱れてきます。精神面が乱れると気力も失われ、何をするにも億劫(おっくう)になります。こんな低レベルなコンディションでは、自己成長の旅を続けられる訳がありません。

かと言って、いきなり自炊を始めようにも、経験が無ければ何を作れば良いのか分かりません。家庭料理の味を知っているなら、いずれ再現する事が出来るようになりますが、そもそも「おふくろの味」を知らない人は、家庭料理の基準や比較の対象が無いので、全くの自力で自宅の味を確立する事になります。

 

私の場合は、炊飯器や飯盒で炊いた御飯と、乾燥ワカメの味噌汁と、納豆と鯖缶と漬物という一汁一菜に近い所から自炊を始めましたが、このような偏った食生活を続けていると、遅かれ早かれ心身に異常をきたします。

料理に慣れていないと、不要な食材や調味料を買ってしまうので結局は高くつきますし、使わない調理器具も増えていくので部屋が雑然としてきます。これが「自炊はコスパが悪い」と言われる由縁です。

仕事や勉強で忙しくて料理どころでは無いという方や、料理に関心が無く何を作れば良いのか分からないという方は、思い切って宅食サービスを利用してみましょう。

 

外食や、各種デリバリーサービスや、スーパーの総菜や、コンビニ弁当とは違って、宅食は専属の栄養士がキチンと栄養バランスを考えて献立を作っています。数ある宅食サービスの中でも「わんまいる」社の冷凍ミールキットは食べやすくて美味しいと評判です。

最近の冷凍技術は相当に進んでいて、我々が自宅で適当に湯煎解凍しても、味と食感は作りたての料理と殆ど変わりません。ただでさえ合成着色料・保存料不使用の手作り総菜は魅力なのに、五大栄養素のバランスがしっかりと考えられている上に、献立も食べ飽きないよう計算されています。

食材は国産100%で、専属調理人に近藤一樹氏を迎えており、出来立ての料理を素早く真空パックして冷凍し、宅配しています。実際に管理人も食べてみましたが、本当に冷凍食品とは思えないほど美味しかったです。

 

これが宅配されてきた時の写真です。段ボール箱は意外と小さいです。

 

 

初回なので、お試しで5食(三菜)セットを注文してみました。

 

 

これが一食分の献立になります。国産さわらの西京焼きと、茄子と人参とカボチャの揚げびたしは湯煎しますが、なめことコンニャクの白和えは流水解凍でもOKです。

 

 

御飯と味噌汁を炊いて、漆器の器に盛り付けてみました。実際に食べてみて、さわらの西京焼きの味と食感が、自宅で焼いたものと殆ど変わらなかった事には驚きました。一体どんな技術があれば、真空パックで焼魚の美味さを再現できるのやら・・・。

 

 

食事は栄養バランスも大切ですが、心身共にリラックスした状態で、明るく、楽しく、ゆっくりと、よく噛んで食べる事も大切です。このような食事は免疫力の向上にも繋がります。しかし、食育を受けていないタイプの毒親持ちは、エサを貪る動物のようにガツガツと下品に食い散らかしてしまうのです。

食事の際にガッつく悪癖がある人は、まずはその事実を素直に受け入れて、根気よく、丁寧に直していかなければいけません。食事のマナーが無い人は、人間関係で必ず失敗します。そうならないよう、日々の食事で自己を育てていく必要があるのです。

「わんまいる」は会員登録をする必要はあるものの、入会費・年会費は無料ですし、利用ポイントもつきます。宅配なので配送料はかかりますが、買い物と料理の手間を省く為と割り切って、一回の配送数を増やして節約すると良いでしょう。


 

 

肉体労働や何らかのトレーニングをしている人は、筋肉食堂が提供する宅食サービスを利用してみましょう。宅食メニューはレンチンして良し、湯煎しても良し、流水で解凍してからフライパン等で温め直すも良しです。



 

 

Amazonや楽天でも宅食セットを販売していますが、一食あたりの単価が800~1000円前後と割高になります。一番人気はニチレイフーズの「気くばり御前」です。私のような大喰らいには物足りませんが、宅食のお試しと考えるなら、食べ残す心配の無いこの商品がベストの選択肢になります。


 

 

因みに、ニチレイフーズも筋肉食を出しています。一食の単価が約1000円と高額ですが、トレーニー達が摂取しなければならない栄養素を考えると、やはりこれくらいの値段にはなると思います。


 

 

 

お気に入りの宅食メニューを舌で憶えたら、少しづつ自炊で再現出来るようになっていきましょう。確かに宅食は便利ですが、その特性上、決して自分好みの味にはならないので、満足度では手料理に敵いません。

ネットが無い時代は料理本を片手に悪戦苦闘するしかありませんでしたが、今は料理系のサイトや動画が沢山あるので、それを見ながら真似をすると良いでしょう。

しかし、これにも欠点があって、いきなりバズった動画の真似から入ると、見栄えだけが良いだけの料理や、いわゆる「熱ムラ」のあるレンチン料理の味しか知らない人になってしまう可能性が高いのです。

 

自分の料理の基準となる「おふくろの味」を知らない人は、それに代わるものを何処かで学ぶ必要があります。管理人も若い頃は味など分からず、とにかく腹一杯食べられるなら何でも良いと思っていたのですが、その時に過食の悪癖が染み付いてしまいました。

早い話、心の飢えを大食いで誤魔化していた訳ですが、その事に気づいたのは自炊の腕がかなり上がった30代の前半に入ってからです。自分で納得の行く味を作り出せるようになって、初めて食事に満足感を覚えるようになりました。

美味しい料理はゆっくりと味わいながら食べたくなるので、それほど量を必要としません。管理人は今でも普通の人に比べれば大喰らいですが、一食で牛丼の特盛弁当を三杯平らげていた頃に比べれば、かなりマシになっています。

 

満足度の高い食事はストレスを解消してくれますが、食事で満足感を得られない場合は自傷行為さながらの暴飲暴食に走りがちです。そうならないように家庭料理の味に近い宅食を利用したり、自炊の腕を磨いて「おふくろの味」を再現する必要があるのです。

また、同じ味の料理でも、器を良い物に変えると満足度が全然違ってくるので、なるべく良い食器を使う事をお勧めします。100均の器や、キャンプ用のクッカーがダメな訳ではありませんが、なるべくデパートや専門店などで販売している質の高い陶器か漆器を選びましょう。

因みに、管理人は禅僧が使う応量器(おうりょうき)という重ね椀の漆器と、テーブル代わりに箱膳という銘々膳(めいめいぜん)を愛用しています。どちらも素晴らしい品ですが一万円前後の高額商品なので、自活を始めたばかりの人が使うのは少々難しいかも知れません。

 

また、少々マニアックな内容ではあるものの、当サイトにも料理関連の記事がありますので、よろしければ御一読ください。

禅的ミニマリズム・料理編

 

 

食は「力」なり

社会に出た後も生活力が低いままだと、毒親に付け込む隙を与えてしまいます。毒親は隙だらけの脇が甘い人と対等の立場になろうとはしませんし、隙を見つけたら面白半分に攻撃したり、これ幸いとマウントを取ろうとしてきます。

毒親は、食べ物をくれてやっているという優越感を得る為や、感謝を要求する為に「餌付け」をしてくるので、実家を出て自立した後は、なるべく親が出す食べ物には手を付けないようにしましょう。

とは言え、用事があって実家に帰った時に何も食べずに帰ったりすると、逆に攻撃する理由を与える事になります。この場合は餌付けを回避する為に、自分が料理を提供する側に回りましょう。それで毒親が認めざるを得ない料理を作れたなら、向こうは攻撃の手段を一つ失う事になります。

 

そこまでの料理を作れなかったとしても、実家とは全く違った食生活をアピールすれば、ひょっとしたら「我が子の巣立ち」を実感させる事が出来るかも知れません。

尤も、毒親よりも豊かな生活を送っていると知った途端、金銭を集(たか)りに来たり、劣等感に苛まれて嫉妬に狂ったり、我が子の成長を認められずマウントを取りに来る可能性があるので、それらの対処法については次の記事で説明致します。

ともあれ、料理や食事の知識は人付き合いの際に求められますし、会社で出世する人は酒と料理に詳しいものです。食関連の知識は、時に人脈確保の強力な武器になり得るので、是非とも身に付けていただきたいと思います。

 

2022年3月22日毒親の呪縛を解く方法

Posted by 清濁 思龍