禅的ミニマリズム・漆器編 その3

2022年6月23日禅的ミニマリズム

応量器と箱膳の組み合わせ

禅宗では食事の際に飯台(はんだい)というテーブルを使ったり、布巾(ふきん)と漆を塗った紙を広げて、その上に応量器を置いて食事をします。

私は布巾と漆紙の代わりに手拭いを敷いて食事をした事がありますが、テーブルとは違って高さが無いので食べづらくて仕方が無いし、箸で掴み損ねた食べ物で手拭いを汚してしまう事もありました。

手拭いをお盆に変えると、汚れの問題に関しては多少マシになりましたが、今度は応用器の6客が全て乗らないという新たな問題が出てきてしまいました。

 

その後も色々と研究した結果、江戸時代から昭和初期まで一般家庭で使われていた箱膳(はこぜん)なるものと出会いました。

箱膳とはその名の通り箱状の御膳の事で、昔は家族が銘々の箱膳(銘々膳)を持ち、その中に自分が使う食器を収納していたそうです。

箱膳があれば、やたらと場所を取るテーブルや食器棚が要らなくなるので部屋を広く使えますし、食べ残したご飯をそのまま箱膳の中に入れて保管する事も出来ます。

 

 

また、箱膳の蓋をひっくり返すとお盆になるので、食後に食器をそのままキッチンに運ぶ事が出来ます。

 

 

箱膳の容量は意外と大きく、応量器を入れても余裕があります。

 

 

箱膳の中に、応量器と、信玄弁当と、寿司屋の湯飲みを入れてみました。これら全ては一生ものの器であり、私が死ぬまで大事に使う器です。

 

 

箱膳にも何種類か市販品があるのですが、やや大き目のサイズで、角にぶつけても怪我をしにくい隅切りの箱膳がお勧めです。

 

 

応量器や信玄弁当箱などの重ね椀と、箱膳の組み合わせは良いものです。しかし、作る料理によっては大皿のようなものが欲しくなる事もあります。その場合は重箱を使ってみてはいかがでしょうか。

禅的ミニマリズム・漆器編 その3

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

2022年6月23日禅的ミニマリズム

Posted by 清濁 思龍