私説・十牛図

2019年7月4日雑話録

十牛図の解釈

十牛図(じゅうぎゅうず)とは、禅の悟りにいたる道筋を牛を主題とした、十枚の絵で表したものであると言われています。管理人も以前は漠然とそういうものだと思っていましたし、自分が十牛図のどの段階にいるのかが、物凄く気になったりしていました。

でも、ネット上で色んな人の「悟りの体験談」と、その後の話を見ていると、従来の十牛図の解釈では説明がつかない所や、辻褄の合わない所があると思う様になりました。

例えば、十牛図の「見牛」は見性体験であり「得牛」は大悟であると解釈されていますが、自他の体験談を照らし合わせていくと、大悟に至らぬ小さな悟りにも、その後の変化というものがある事に気付きます。そしてその変化の仕方は、十牛図の一連の流れによく似ているのです。

 

これによって、十牛図は禅の悟りに至る道筋と言うより、各階梯における悟りが徐々に変化していく過程や、精神面の変化を描いたものではないかと考えるようになりました。

大まかな流れはあっても、各階梯や個人差によって体験の内容は違ってくるので、同じ悟り方は二つと無い。だからこそ、意味を限定してしまう「文字」で表現する訳にはいかない。十牛図が絵のみで文字をまじえない理由は、そういう事なのではないでしょうか。

もちろん、この話は仮説の域を出る事はありませんので、飽くまでも私的な十牛図の解釈と捉えて頂きたいですし、その前提で読んで頂きたいと思います。

 

「尋牛(じんぎゅう)」

 

荒野にポツンと一人たたずむ私。それまで生きてきた世界と同じに見えるが、実は全く違う世界。周囲には誰も居らず、自分と同じものを見ている人は居ない。全くの手探りでの再スタート。歓喜を抜きにすればこんなもの。これもまた偽らざる悟りの風景。

 

「見跡(けんせき)」

 

悟りの世界、あるがままの世界における唯一のリアリティと言える、ある種の法則を自力で発見するか、先人が残した教えを我がものとするべく学び始める時期。自らが悟るまでは、何が真の教えなのかも解らない。つまり、足跡を足跡と認識する事すら出来ない。

悟りたてホヤホヤの段階では、先人の完成した智慧と、今現在の自分の智慧の状態には、まだまだ距離がある。祖師方の仰られている事の中にも、解らない所が多くある。

先人の教えを勉強したり、我が身に起きた事を分析し、まとめる作業が絶対的に必要。これをサボると、いつまでたっても先人との距離が縮まらないし、先の「得牛」で大コケするのは必至。

 

 

「見牛(けんぎゅう)」

 

悟りや智慧が熟れてきて、新しい世界のおおよその姿を把握する事が出来る様になってくる時期。縁起や空性といった理法を用いて、法を語れるようになる・・・と言うか、偉そうに語りたがる。この段階だと、まだ悟りなるものが存在すると考えており、それに強く執着している。禅では「悟りを持っている」といわれる病的な状態。

 

 

「得牛(とくぎゅう)」

 

現実社会の在り方と、悟りとの乖離や対立に悩み始める時期。「真実はこうなのに、何でテメエら解ろうともしねぇんだよ!」とか「夢(妄想)ばっか見てんじゃねえ、(無相という)現実を見ろ!」とばかりに大暴れ。言っている事は正しいだけに救われない。

法にも実体は無いと理解したり、仏法あれば世法ありと納得し、折り合いをつけるまで、何かと大変。悟っている事をひた隠しにして生活するか、人間社会に見切りをつけて隠遁生活をし始めたり、悟りの純粋性のみを認めて禅寺や道場で坐禅に耽る人もいるかも知れない。

基本的に仏法と世法は、水と油。如何にして悟りを生きるかは、終生のテーマとなる。

 

 

「牧牛(ぼくぎゅう)」

 

悟りを捨て始める時期。無いものは無い。悟りも無い。無い無い無い、何にも無い。でも、その手の中には、まだ「無」と言う残滓が残っている。

 

 

「騎牛帰家(きぎゅうきか)」

 

あらかた学び終わり悟りが安定してきて、その階梯における智慧がほぼ完成し、やっとの事で本当に楽になる時期。気が向くと「凡聖一如」的な法句を残したりするかも知れない。

 

 

忘牛存人」

 

悟りを超えた悟りや、悟り無き悟り、迷いも悟りも無い静寂を知る時期。しかし、まだ悟りがあるとか、悟りを知っていると言う思いが残っているので、調子に乗ると聖人ぶったりする。実を言うと、ここまで来る人は、あまり居ない。

 

 

「人牛倶忘(にんぎゅうぐぼう)」

 

悟ろうが悟まいが、何も違いは無い。ぐるっと一周して振り出しに戻る時期。完全に元の木阿弥。振り返ってみると「何だったんだ今までのアレは」と目が覚める様な思いがする。でも以前と違って、もう二度と以前と同じ理由で迷ったりはしないし、自分はもう、自分じゃない。飽くまでもループではなく、スパイラル。

 

 

「返本還源(へんぽんげんげん) 」

 

良いも良し、悪くても良し、これで良し、お前に良し、俺に良し、うん、良し。雨降らば降れ、槍降らば降れ。艱難辛苦なんのその。日々是好日、あっはっは矢でも鉄砲でも持ってこいッ。でもやっぱ何事も無い方が良し。平和で楽な方が良し。・・・などと言う様な事を思う時期。

端から見れば、脳天気な俗人と大して変わらないと言う、不思議な境地。

 

 

「入鄽垂手(にってんすいしゅ)」

 

僧に非ず、俗に非ず。聖でもなく、凡でもない。我は我なり、我は我ならぬなり、我ならぬ我こそ真の我なり。だが、それが何だというんだ。所詮、何も分からんとあっけらかん。阿羅漢がここまで来たら、全ては終わり。他の階梯に居る者は、次の階梯に登るべく一から出直し。

・・・多分まあ、そういう事なんだろうと思います。

 

管理人からのお願い

この記事を面白いとか、興味深いとか、参考になったと思ったなら、下記リンクバナーをクリックしてください。今後の参考に致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悟り・真理へ

2019年7月4日雑話録

Posted by 清濁 思龍