「やる気」と脳内ホルモン

2022年1月12日各種メソッド

心身の状態は、脳内伝達物質の量で変わる

やる気の正体はドーパミンやセロトニンといった、脳内ホルモン(神経伝達物質)です。脳内ホルモンのドーパミンは「やる気の分子」や「快感ホルモン」などと言われており、これが脳内で分泌されると楽しい気分になり、至福感、幸福感を感じます。

逆にドーパミンの分泌レベルが低いと「やる気」が無くなり、気分が落ち込み、本来我々が持っている脳の力までもが制限されてしまいます。

同じく脳内ホルモンのセロトニンは、主に精神の安定に深く関わっている脳内物質であり、脳内での分泌量が増えると不安や恐怖などの感情が軽減されます。セロトニンの分泌量が低くなるとストレスに弱くなり、思考がネガティブ方面に偏ったり、挙げ句の果てには内臓の働きや、基礎代謝が下がったりするそうです。

 

脳内物質の分泌量を高いレベルで維持するには、早寝早起きの健康的な生活を送り、美味しくてバランスの良い食事を心がけ、恋人や家族や仲間と共に暮らして、好きな事だけをしていれば良いのですが、誰もがそんな理想的な生活を実現できる訳ではありません。

人生には時として無理矢理「やる気」を奮い立たせなければならない場面もありますから、その対策として自分なりに脳内物質の分泌レベルを上げる方法を持つのは良い事です。そしてそれは、決して難しかったり、お金のかかる事でもないのです。

 

 

飲食面からのアプローチ

脳内ホルモンのセロトニンは、トリプトファンと言う必須アミノ酸から作られます。トリプトファンは御飯やパスタに多く含まれているので、普通の食生活を営んでいれば不足する事はありませんが、ローカーボ食(糖質制限)を実践されている方は、トリプトファンを含む納豆やゴマを食べましょう。

それ以外にも、タンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルの五大栄養素の不足によって「やる気」が低下するという事もあります。特にタンパク質が不足すると「やる気」の低下のみならず、全身が脆弱化していく恐れがあるので注意が必要です。

かと言って、五大栄養素を過剰に摂取するのも良くありません。特に糖質の過剰摂取は、ドーパミンの分泌量低下に直結する事が分かっているので、なるべく高タンパク低糖質の食生活を心がけましょう。

 

また、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素、クロム、モリブデンと言った必須ミネラル13種のバランスが崩れると心身の調子が悪くなりますが、その場合は食事メニューを見直したり、ミネラルバランスの良い天然塩を使うと改善する事があるようです。

ミニマリズムと塩の話 その1

 

 

そもそも、食べ物や飲み物を消化吸収する事自体が肉体に負担をかけ、大量のエネルギーを必要とする事なので、節度の無い飲食は内臓の疲労という結果に繋がります。故に、粗食・小食に切り替えれば、料理や消化吸収に使ってきたエネルギーを、他の事に回せるようになります。

また、美味しい料理を食べる事でも、脳内物質の分泌レベルは上がります。ドーパミンは「美味しい」と感じた時に分泌されるので、良いお店を探したり、料理の腕を磨いたりすると良いでしょう。

健康的な食生活を維持するのは大変ですが、生活そのものをシンプルかつミニマムにすれば、余ったエネルギーを食関連に振り分けられます。つまり、ミニマリズムというライフスタイルは、人に「やる気」を起こさせるという事です。

禅的ミニマリズム・料理編

 

 

飲食物の消化吸収もそうですが、環境およびTVやネットから入って来る情報を処理する事でもエネルギーが消費されますし、それはやがて脳の疲労という結果に繋がります。生活環境を見直して情報の断捨離を行うと、覿面に「やる気」が出て来るものです。

脳疲労を癒すトラタカ冥想・改

 

 

男性ホルモンと「やる気」の関連性

男性は攻撃性と「やる気」がセットになっているのですが、これは男性ホルモンの一種である「テストステロン」が関係しています。

テストステロン自体は脳内ホルモンではありませんが、脳内ホルモンであるドーパミンの原料の一つである為、テストステロンの分泌レベルが上がればドーパミンの分泌レベルも上がります。

テストステロンは、スポーツや、筋トレや、ゲームの対人戦で勝利する事で分泌されますが、もっと簡単に分泌レベルを上げる方法があります。それは「武器」を持つ事です。自分自身が「武器」と認識している物なら何でも効果があるようで、得物は木刀でも、ナイフでも、エアガンでも構いません。

 

それらの武器を手にして、敵と戦い勝利する事や、好きな物や愛する人を守る事をイメージしてみて下さい。男性ならば、何か滾るものを感じる筈です。

 

しかし、いくら「やる気」を出す為とは言え、事ある毎に武器を持ち出す訳にはいきません。その場合は、服やアクセサリーの柄を攻撃的なものに変えてみてください。

ちょっとオラついた感じの派手な服を着てみたり、ミリタリー系を取り入れてみたり、いかついグラサンや高価な時計を身につけたりすると、意外なほど気分が変わります。

派手な格好が好みでは無い人は、下着を工夫してみたり、ボールペンなどの日用品や小物のチョイスに拘ってみましょう。

 

下記リンク先の記事では、木刀という身近な武器を使った軽い運動と、日本古武術の丹田錬磨をミックスした「丹田操剣法」という自強術について説明しています。よろしければご一読ください。

心身を鍛える丹田操剣法

 

 

運動面からのアプローチ

「丹田操剣法」も一種の運動ですが、脳内物質の分泌レベルは、筋トレ、ジョギング、散歩、登山といった運動によっても上がる事が科学的に証明されています。また、運動の成果や報酬を期待したり、その過程を楽しむと言った心理学的なアプローチを併用すると、より効果的だと言われています。

 

 

スピリチュアル的なアプローチ

ややオカルトな理論になりますが、臍下丹田(せいかたんでん)の「氣」が不足する事でも「やる気」は低下します。その場合は坐禅(丹田呼吸法)や気功を行ったり、鍼灸や整体で気血の流れを整えたり、気功の外気治療やレイキ・ヒーリングを受けると良いでしょう。

 

 

その他のアプローチ

一時的なものに過ぎませんが、自己暗示によって脳内物質の分泌レベルを上げる事も出来ます。試しにアニマル浜口氏の真似をして「気合いだ!気合いだ!ワッハッハ!!」と景気よくやってみてください。不思議とやる気が出て来ます。

自己暗示のコツは「ノリ」であり、恥と冷静さをかなぐり捨てる事です。「理性」という名のリミッターを外して、ハジける事の楽しさを知りましょう。そんな真似はしたくないと思う人も多いかと思いますが、こういう事を「技」として出来る様になっておいた方が、人間としての幅は広がります。

自己暗示の代わりに、好きな音楽を聴くという手段もあります。むしろ、これが最もポピュラーな「やる気スイッチ」かも知れません。因みに、管理人がテンションを上げたいと思った時は、パンクロックの「THE BLUE HEARTS」の曲を良く聴きます。

 

 

2022年1月12日各種メソッド

Posted by 清濁 思龍