私説・倩女離魂(せいじょ りこん)

古則公案・SS

 

これは遙か昔の事、とある2人の僧侶の対話である。

 

老僧「・・・すなわち、悟りとは無我を体験する事を言う訳だ。これが仏教における悟りの定義だな。」

小僧「なるほど、昔からキチンとした定義があるんですねー!」

 

老僧「そうだな。定義が曖昧だと、悟りと言う言葉の意味も曖昧になるからな。とは言え、あまり浸透していないのが困りものだが。」

小僧「何故、浸透していないのでしょう?」

 

老僧「無我の体験と言われても、その無我とは何かが良く分からんし、そもそもあまり景気の良い話でもないからな。」

小僧「景気ですか(笑)」

 

老僧「ワンネスだとか、ノンディアリティとか言った方が、何となく景気が良さそうだとは思わないか?」

小僧「確かに華のある言葉ですよね。それって何だろうと興味を持ちます!」

 

老僧「では無我は?」

小僧「辛気くさいし、抹香臭いです!」

 

老僧「ズバリ言うなぁ・・・でも、まあそうだな。個人的には、だから定着しないのだと思っているよ。」

小僧「なんか残念です!」

 

老僧「無って言葉の響きが良くないんだな、きっと。」

小僧「我ここに有りと叫んだ方が盛り上がるような気がします!」

 

老僧「そうだな。誰だって消えたくはないからな。」

小僧「えっと、それって仏教は元よりウケが良くない宗教だという事でしょうか?」

 

老僧「わしはそう思っておるよ。だから徳や、有り難みを付加したり、御利益とセットにしないと滅んでしまう。」

小僧「ウチの寺も貧乏所帯ですもんね。師匠の実力は本物なのに・・・悔しいです!」

 

老僧「仕方あるまい。需要と供給の問題だ。」

小僧「ボクは師匠の教えを必要としています!」

 

老僧「うむ、そんなお前に一つ質問をしてみよう。ちと難しいかも知れんが、頑張って答えてみよ。」

小僧「はい、師匠!」

 

老僧「これは昔の中国の話だ。ある街に倩(せい)と言う美しい娘が居た。豆知識だが、倩と言う漢字には美しいとか、器量が良いという意味がある。」

小僧「日本人なら美(ふみ)さんとか、美(よしみ)さんみたいな感じでしょうか?」

 

老僧「まあそうかも知れんが、それはどうでもいい。」

小僧「はい!」

 

老僧「この倩には父親が決めた婚約者が居たのだが、その婚約者が科挙に合格して街を出て行く事になり、婚約者の倩もついていった。」

小僧「ハッピーな話です!」

 

老僧「倩と婚約者は結婚して幸せに暮らし、やがて2人の子供をもうけた。子育てが一段落した頃、倩は里帰りがしたくなり、家族四人で国に帰った」

小僧「親孝行ですね!」

 

老僧「先に旦那だけが倩の家族と某所で会う事になり、挨拶と近況の報告をしたのだが、その時にトラブルが発生した。」

小僧「なんでしょう、ドキドキ。」

 

老僧「何と、倩は実家で病に伏せっていたのだ。数年前まで婚約者であった旦那が街を出て行き、愛する男に振られたショックから立ち直れなかったのだと言う。」

小僧「え、え?何ですかそれ?倩さんは子供と一緒に里帰りしたんですよね?」

 

老僧「この話の噛み合わなさに、倩の旦那と父親は心底驚いた。」

小僧「それは絶対にドッペルゲンガー現象です!ボクはそういうのに詳しいんです!」

 

老僧「ドッペルかどうかは知らんが、倩は2人存在する事になる訳だ。驚いた倩の家族は、慌てて倩と子供を実家に連れ帰った。すると、床に臥していた方の倩も起きあがって玄関に迎え出た。そして玄関で出会った2人の倩は、融合して一人になったと言う。」

小僧「ミステリーです、オカルトです!ボクはそういう不思議な話が大好きなんです!」

 

老僧「さて、質問だ。2人の倩のうち、どちらが本物だと思う?」

小僧「えええええ!?」

 

老僧「どちらが肉体で、どちらが魂かと聞いてもいいな。だからかどうか知らないが、無門関という公案則の本には、倩女離魂(せいじょりこん)というタイトルがついている。第三十五則だな。」

小僧「そんなの、分かる訳がありません!公案の話は訳が分からないから嫌いです!」

 

老僧「さっきまで、オカルトやミステリーが好きだと言っていたじゃあないか。」

小僧「それと公案は話が別です!」

 

老僧「この話の面白い所は、答えが無い所だ。2人の倩が存在し、融合を果たして一人になったという所で話が終わる。」

小僧「でも、どちらが本物だったのかと言われると、すごく気になります!」

 

老僧「そうだな、蛇足ではあるが、そこは気になるポイントだ。しかし答えは無い。」

小僧「そんなのイジワルです。モヤモヤしてスッキリしません!」

 

老僧「どうとでもとれる話を、どっちが本物かと考える事自体が、無駄だとは思わないか?」

小僧「ボクは真実を探求するのが好きなんです。気になったら調べずには居られません!」

 

老僧「それは実体や、我と呼ばれているものを求めるのが好きだと言っているのと同じだな。そして仏教は、実体や我の存在を否定している。」

小僧「うう・・・難しいです、受け入れ難いです、仏教が嫌いになりそうです!」

 

老僧「存在と現象はあっても、万物に実体など無いし、自分など居ない。全ては無我であり、空だ。」

小僧「ボクには分かりません、ボクはここに居ます!」

 

老僧「お前にも実体は無い。色々な要素が組み合わさって、自己なる存在を認識するようなっただけでな。」

小僧「それが無我という事ですか・・・。」

 

老僧「そうだ。今は分からなくてもいいが、体には通せ。」

小僧「うう・・・、でも無我と分かった所で、何になるんですか?」

 

老僧「あるがまま、とは何かが分かるようになり、どちらが本物かとか、どれが本物かと悩まなくて済むようになる。」

小僧「な、なんですか、それ・・・。」

 

老僧「本物の自由を手に入れると言い換えてもいいな。本当は不自由など無いのだが。」

小僧「訳が分かりません!実体が無い事や、無我が真理なら、世界は闇です!そんなの虚無的じゃないですか!ボクは世界を明るく照らす光が欲しいです!仏教はその光であるべきです!」

 

老僧「ならば、納得がいくまで世界を照らしてみるがいい。それこそ、あまねく隅々までな。」

小僧「分かりました師匠!ボクはやります、やってみせます!」

 

老僧「その意気だ。かつてはわしも、同じ思いで修行に励んだものだよ。」

小僧「ボクは師匠の弟子ですから、同じ道を歩むのは当然です!」

 

老僧「話は元に戻るが、2人の倩のどちらが本物だと思う?」

小僧「くぁwせdrftgyふじこlp!」

 

 

無門関(むもんかん)

 

管理人からのお願い

この記事を面白いとか、興味深いとか、参考になったと思ったなら、下記リンクバナーをクリックしてください。今後の参考に致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悟り・真理へ

古則公案・SS

Posted by 清濁 思龍