白隠禅師の公案体系

古則公案・SS

 

・法身の公案

 

無門関 第1則 「狗子仏性」

 

無門関 第23則 「不思善悪」 

 

無門関 第37則 「庭前柏樹」

 

 

・機関の公案

 

無門関 第7則  「趙州洗鉢」

 

無門関 第14則 「南泉斬猫」

 

 

・言栓の公案

 

無門関 第11則「州勘庵主」

 

無門関 第18則「洞山三斤」

 

無門関 第21則「雲門屎厥」

 

 

・難透の公案

 

無門関 第35則「倩女離魂」

 

無門関 第38則「牛過窓櫺」

 

 

・向上の公案

 

無門関 第13則「徳山托鉢」

 

 

・洞上五位 

 

中国・曹洞宗(洞曹宗とも)の宗祖・洞山良价(とうざん りょうかい)の五位説を学び、理解する。五位説は禅者の心のあり方を示す正偏五位と、功勲五位によって成り立つ。

 

 

・十重禁戒(じゅうじゅうごんかい)

 

梵網経・下巻(菩薩戒経とも言われる)の「十重四十八軽戒」と呼ばれている禁戒を学ぶ。

 

 

・末後の牢関

 

特定の公案は無いと言われている。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

古則公案・SS

Posted by 清濁 思龍