ミニマリズムと塩の話 その2

2020年神社仏閣巡り, 粗食, 塩活

今週の動向

かつて大和朝廷があった地と考えられている、奈良県の大神(おおみわ)神社に行ってきました。コロナ禍により三輪山への登拝は中止、境内に咲くピンク色の「ささゆり」が見頃なのに「ささゆり園」の入場もまた中止になっています。一日も早く収束してもらいたいですね。

https://ideadragon.tumblr.com/post/620130004472315904/%E5%A5%88%E8%89%AF%E7%9C%8C%E5%A4%A7%E7%A5%9E%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%BF%E3%82%8F%E7%A5%9E%E7%A4%BE-%E4%B8%80%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E5%A4%A7%E9%B3%A5%E5%B1%85-%E4%BA%8C%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E5%8F%82%E9%81%93-%E4%B8%89%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E6%89%8B%E6%B0%B4%E8%88%8E%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%89%88-%E5%9B%9B%E6%9E%9A%E7%9B%AE-%E6%8B%9D%E6%AE%BF

 

 

管理人はこれまで、歯の健康を考えて生薬入りの割と高めの歯磨き粉を使ってきました。しかし関西に転居したら、今まで使っていた歯磨き粉が手に入らなくなってしまったんですよ。大手の製薬会社の商品だったので、全国どこでも手に入るものと思い込んでいました。

別にネットで買っても良いのですけど、これを機に「塩歯磨き」なるものを試してみる事にしました。塩歯磨きとは、文字通り塩で歯磨きをする事で、歯が白くなるとか、歯周病予防に効果があると言われています。

ただ、歯科医に言わせるとそれは俗説に過ぎず、精々歯茎を引き締める効果くらいしかないし、むしろ歯茎を傷つけるなどのデメリットの方が遥かに多いという話になるようです。むしろ多くの歯科医は「ノンペースト・ノンウォーター」と言う、唾液のみの歯磨きを推奨しているようです。

 

しかし、唾液のみの歯磨きが推奨されているのなら、唾液で塩を溶かして歯磨きをしても良いのではないでしょうか?メチャ濃い塩水なら殺菌効果も期待出来ますし、塩の粒で歯茎を傷つける心配もありません。何より、地味にお高い歯磨き粉に、お金をかけなくても良くなります。

塩歯磨きをすると歯茎からも塩分が吸収されるので、塩分の摂り過ぎになる可能性があるそうですが、ならば市販の粗塩入り歯磨き粉はどうなんですかね?塩風呂とか、素肌に粗塩を摺り込んだりとか、海水浴なんかはどうなんですかね?

こういうのを気にし始めたら何にも出来なくなるので、様々な問題点があると知りつつも、人柱として色々な事に取り組んでみようと思います。でないと記事に価値が出ませんし(笑)

 

それで、前回の記事で紹介した皇帝塩を買って色々試してみようと思っていたのですが、たまたま「塩活」をしている人から「マザーソルト」なるものの小袋をいただきました。その人が言うには、商品名が違うだけで皇帝塩と同じ塩だけど、値段の方は遥かに安いのだとか。

それで、いただきもののマザーソルトを口内の唾液で溶かしつつ歯磨きをしてみたのですが、歯磨きした後は思ったより口の中がスッキリしていました。ベタつきや臭いも無く、なかなか良い感じです。

でも、口の中がとにかく塩っ辛いです。塩の量が少ないと塩分濃度が低過ぎて殺菌効果が期待できないと思ったので少々多めに塩を使いましたが、それでも一つまみ程度なので殆どお金はかかりません。節約や、ミニマリズム的な観点からすると、塩歯磨きはOKだと思うので、しばらく続けてみます。

 

 

翌日の朝食で、マザーソルトを使ってみました。粗塩の状態でいただいたので、ミルを使って細かく砕いて胡麻塩を作ってみました。小松菜は茹でてからゴマ油で炒めて、マザーソルトを振りました。粗食ではありますが、まことに美味しゅうございました。

 

 

ゲランデの塩とマザーソルトは、どちらも海水を天日で乾かして作る天日塩です。この二つの塩はどう違うのかが気になったので、試しに両方の塩水を作って飲み比べをしてみました。

塩水としての単純な旨味だけを言うなら、ゲランドの塩に軍配が上がります。そのままスープとして通用するほど味わい豊かではあるものの、塩にしては少々個性が強過ぎるようにも思います。

マザーソルトの塩水を最初に飲んだ時は、普通の塩水との違いが分かりませんでした。しかし、精製塩(食塩)で作った塩水と飲み比べてみると、水自体がネロッとした感じで、しょっぱさの中に若干の旨味が含まれていると思いました。

極端な事を言うと、ゲランデの塩を使うと全ての料理がゲランデの塩風味になってしまうので、別の塩と使い分けた方が良いと思います。でも、マザーソルトはそれほど個性が強くないので、様々な料理に単独で対応できると思いました。

 

塩分を摂り過ぎると高血圧や腎臓病になると言われていますが、減塩のし過ぎによる慢性的な塩分不足も心身に悪影響を与えます。とにかく減塩すれば良いという単純な話ではなく、ナトリウム、カリウム、マグネシウムのミネラルバランスをとる事が大切なようです。

これから暑くなっていきますから、熱中症対策として塩飴を舐めたり、スポーツドリンクを飲む事が多くなると思います。それによって栄養やミネラルのバランスが崩れないよう、気をつけて食事をしてください。

因みに、私の目はまだ良くなりません。眼科で処方された抗菌・抗ウイルスの目薬と軟膏を一日三回塗っていますが、悪くなる一方です。睡眠時に刺すような強い痛みがあって飛び起きたりしていますし、日中はゴロゴロとした違和感で涙を流しながら記事を書いたりしております(涙)

 

健康の大切さは、健康な時には忘れがちです。そしてけがや病気をした時に、健康だった頃を思い出して涙する訳です。私ももう若くはないので、そろそろ健康について真剣に考えるべき時期が来たのかも知れません。

 

 

※粗食や塩活についての他の記事を読む場合は、タグクラウド内の「塩活」「粗食」タグをクリックしてください。

 

 

更新情報

カテゴリ・各種メソッドの「やる気を出す方法」をリライトしました。追記したのは、五大栄養素の不足と過剰による悪影響の部分です。ご飯やパスタなどを食べ過ぎて糖質過剰になったり、タンパク質が不足しても「やる気」が出なくなるみたいです。

また、TVやスマフォで情報過多になると、脳が疲労して「やる気」が無くなるようです。これを機に、不要な物を削ぎ落してミニマリズムなライフスタイルに変えてみたり、坐禅修行を始めてみてはいかがでしょうか?

やる気を出す方法